So-net無料ブログ作成

ヒルソングHillsongのCD The Very Best of Hillsong Live [音楽]

 そういえば、amazonに、Hillsongの2010年に出たCD"The Very Best of Hillsong Live"のカスタマーレビューを書いた。

 誰も書いていなかったので。

 レビューといっても、曲目紹介という感じ。

amazon.co.jpのHillsong, "The Very Best of Hillsong Live"のページ

amazon.comだと、試聴できる

日本基督教団の現住陪餐会員数の推移(3) [教会形成]

 前々回の記事「日本基督教団の現住陪餐会員数の推移(1)」、および、前回の記事「日本基督教団の現住陪餐会員数の推移(2)」、で、日本基督教団の現住陪餐会員数は、2007年度以降、毎年1,360人の割り合いで減少していることが分かった。

日本基督教団が消滅する日
 もし、2010年度の現住陪餐会員数90,184人が毎年1,360人のペースで減っていくとすると、90184÷1360=66.3。つまり、2010年から67年後に現住陪餐会員は0になる。すなわち、2077年に日本基督教団は消滅する。ちなみに、2077年は東京一致神学校設立200年の年。

 多少生き延びたとしても、日本基督教団の現住陪餐会員は、今世紀中にゼロになる。

この減少を食い止めるには
 この減少を食い止めるには、受洗者が現状よりも1,360人/年多く与えられなければならない。
2010年度の受洗者数は1,395人。つまり、現在のほぼ2倍の受洗者が必要(1395+1360=2755)。

 現住陪餐会員一人あたりの受洗者数を計算すると、2755÷90184=0.0305。すなわち、現住陪餐会員100人あたりに3人の受洗者が与えられれば、教団は現状の現住陪餐会員数を維持できる(教団内の某氏の計算の結果と同じ)。

 なお、教団の現状を維持することに意義あるのか、また、存続させる価値がある教団なのかは、別問題であるが。

 結果として教団がどうなるかは神さまにお任せしつつ、礼拝も説教も伝道方法も、旧態依然とした形から思い切って抜け出ることが肝心ではないだろうか。

日本基督教団の現住陪餐会員数の推移(2) [教会形成]

 前回の記事「日本基督教団の現住陪餐会員数の推移(1)」で、日本基督教団の現住陪餐会員数は1995年度から減少傾向が続いているが、1995年度からの3~4年の減少の傾きは緩やかであるのに対し、2007~10年度の傾きはかなり急であるように見えることがわかった。

 そこで、毎年度について、3年前からの減少数を調べてみる。

日本基督教団の
現住陪餐会員数の推移 その2
年 度現住陪餐会員数3年前との差3年前との差÷3
1994102,727――――
1995102,760――――
1996102,066――――
1997101,304-1,423-474
1998100,650-2,110-703
1999100,088-1,978-659
200099,055-2,249-750
200198,781-1,869-623
200297,835-2,253-751
200397,386-1,669-556
200497,006-1,775-592
200595,636-2,199-733
200694,709-2,677-892
200794,265-2,741-914
200892,340-3,296-1,099
200991,666-3,043-1,014
201090,184-4,081-1,360


 1995~1998年度は3年間で2110人の減少であったのに対し、2007~2010年度の3年間で4081人の減少になっている。

 1年あたりにすると、1995年度からの3年間は1年あたり703人の割り合いで減少していたが、2007~2010年度までの3年間では、毎年1360人の割り合いで減少している。減少の割合は2倍近く大きくなっているのである。

日本基督教団の現住陪餐会員数の推移(1) [教会形成]

 『日本基督教団年鑑』2012年版に載っている1994年度以降の現住陪餐会員数の数値。

日本基督教団の
現住陪餐会員数の推移
年 度現住陪餐会員数
1994102,727
1995102,760
1996102,066
1997101,304
1998100,650
1999100,088
200099,055
200198,781
200297,835
200397,386
200497,006
200595,636
200694,709
200794,265
200892,340
200991,666
201090,184

 1994年度から1995年度は僅かに増加しているが、それ以降、現住陪餐会員数は明らかに減少の一途をたどっている。

減少している1995年度以降をグラフにすると、直線的に変化しているようなので、近似直線を引いてみた(エクセルの機能を使って)。
日本基督教団の現住陪餐会員数の推移.jpg
(クリックすると大きく表示されます。)

 すると、1995年度からの3~4年の減少の傾きは緩やかであるのに対し、2007~10年度の傾きはかなり急であって、それぞれが明らかに異なることが分かる。