So-net無料ブログ作成

林家三平、八木谷涼子 [伝道]

 林家三平(初代)のネタだったろうか、次のようなのがあった。

「今度、山田君が訪ねて来るから、ご馳走を出してやってくれ。」
「あらあなた、また来るようにですか、それとも、もう二度と来ないようにですか?」

 教会は、「ご馳走」とは言わないまでも、礼拝にはじめて来られた方がまた来るようにと配慮し工夫しているだろうか。まるでもう二度と来ないようにしてしまってはいないだろうか。

1.教会にたどり着けるか
 Webサイトでの案内地図、駅の案内表示、電柱広告、ここが教会だと分かる看板、はっきり見える屋根の上の十字架など。
 せっかく教会に行こうと思い立って出かけても、たどり着くのに苦労させてはいけない。

2.入り口、受付
 教会の入り口がどこだか分かるような構造や案内になっているか、受付はハード的にもソフト的にもフレンドリーで、暖かい雰囲気と対応になっているか。

3.礼拝前
 初めての方でも緊張せずに礼拝堂で礼拝を待てる雰囲気になっているか。やたらと礼拝前に新来会者に話しかけたりしていないか。珍しがってじろじろ見たりするのはもってのほか。礼拝前の礼拝堂が静まりかえっているのも、はじめての方は緊張する。BGMがあるとよいのではないか。

4.礼拝中
 讃美歌を開いたり、聖書を開いたり、さらには主の祈りだ、交読詩編だ、・・・っと、はじめての方はたいへん。配慮してくれる人が付けられたとしても、いろいろ気兼ねしちゃうし。少しでも、あっちを開いたりこっちを開いたりということを減らしたい。開く必要のあるときは、司式者は十分な間をおく。
 礼拝の順序も、余りにも細かく週報などに書いてあっても、どこをやっているのかすぐに分からなくなっちゃうし、礼拝全体の式文の冊子を渡されても、全体がどうなっているのかまったく分からないし、順序が何も示されずひたすらワーシップソングを歌って、いつの間にか説教に入っていつ終わるか分からないっていうのも不安だし。
 献金の案内や、聖餐の説明も、すぐに分かるように。

5.礼拝後
 名前の紹介などは、して欲しくないという意思表示ができるようにしておく。紹介しても軽く会釈するだけですむように。間違ってもマイクを渡して一言言わせるようなことはしない。
 人によって違うので難しいが、さっと帰りたい人にはさっと帰れるように。親しくお話しするのもいやではない人であっても、新来会の時からあれこれ聞いたりしないように。

6.さらにその後
 「またいらっしゃってください」の簡単な絵はがきを出すのがよい。封書で立派な文面で送ってこられると、引いてしまう。その後も、コンサートやクリスマスなどの案内を定期的に、しつこくない程度に。

 こういったことについて、雑誌『ミニストリー』の八木谷涼子の連載「新来者が行く ノンクリスチャン・八木谷涼子の教会ウォッチ」が参考になる。

聖書に見る「二十歳で成人」 [教会年間行事]

 かつて成人祝福という記事を書いた。今回は、“二十歳で成人となることの聖書的根拠”というほどではないが、聖書に見る「二十歳で成人」。

1.イスラエルでは、エジプト脱出後、二十歳以上の男子が戸籍登録された。出エジプト30:12~14、38:26、民数1:2~3、18~19

 ただし、戸籍に登録されたこれらの二十歳以上の者は誰一人、約束の土地に入ることはできなかった(ヨシュアとカレブは除いて)。民数14:29~30、32:11~12

 40年後に約束の地に入る前にも、二十歳以上の人口調査がなされた。民数26:2~4

2.ダビデの時代、神殿での奉仕を職務とする二十歳以上の者が数え上げられた。歴代上23:24、27

 二十歳以下の者は人口に加えられなかった。歴代上27:23

3.ヒゼキヤの改革で、二十歳以上のレビ人が祭司として登録された。歴代下31:17

4.エルサレム帰還後、二十歳以上のレビ人が神殿工事の指揮に当たった。エズラ3:8

タグ:祝福礼拝

クリスマスはいつまで? [教会年間行事]

 この時期(1月)に関するこれまでの記事には、
 元旦礼拝か、元旦祈祷会か
 成人祝福
がある。
 また、しばらく前に、
 アドベントはいつから?
を書いた。

 で、今回は、クリスマスはいつまで?

 広くは、降誕節第一主日から、「灰の水曜日」から始まる四旬節の前日まで。今シーズンで言うと、2011年12月25日~2012年2月21日までが、「降誕節」。

 これでは、「クリスマス」という感覚からはちょっと広すぎる。特に意識して主イエス・キリストの誕生を祝う期間として、もう少し限定的な範囲としては、12月25日から公現日(栄光祭)である1月6日まで。この期間が「クリスマス・シーズン」だ。

したがって、
1.1月6日までは、クリスマスの飾り付けは残しておきましょう。まるで3月3日が過ぎたら急いでおひなさまをしまうみたいに、12月25日が終わったらすぐにかたづけちゃうということがないように。デパートや商店街はそうしてしまっていても、教会はデパートや商店街と同じにならないようにしなくちゃね。

2.「クリスマスおめでとう!」の挨拶は、12月24日や25日だけじゃなくて、1月6日までしていいんじゃないの?

3.クリスマスカードはどうしてクリスマス前に送り合うのだろう。1月1日よりまえに年賀状は届かないし、受難節の内に「イースターおめでとう」は言わないでしょ。だから、12月25日を迎えてからクリスマスカードを送るようにしたほうがいいんじゃないだろうか。

4.1月6日までは礼拝や集会でクリスマスの讃美歌を歌いましょう。もちろん、一年中いつでも、御子が世に来られたことを覚えてクリスマスの讃美歌が歌われてもおかしくはないはず。